Top > ニキビ > ニキビについての高校時代の思い出

ニキビについての高校時代の思い出

ニキビについての高校時代の思い出を参考のために紹介します。
思春期まっただ中の高校時代、とても大きなコンプレックスがニキビでした。
私のニキビは一般的な先端が白くなるタイプ、赤く腫れるるタイプはもちろんでしたが、中でも一番悩んでいたのが皮膚の中に膿がたまり、大きく腫れるタイプのものでした。
このニキビは大きいもので3センチほどにもなり、輪郭の形や、表情すら変わって見えるものでした。
でき始めはとても痛みを伴い、時間が経つにつれて膨らんできて、

中に液体状のものがたまる感覚がして、強い刺激を与えると中から大量の膿が飛び出してきます。
私の場合は完治までに2週間ほどかかりました。
周りの人にどう見られているのかも気になるし、私の気持ちに暗い影を落としました。
このようにニキビは見た目だけではなく、人間の感情、性格自体にも変化をあたえるものであります。
早く治すための知識もあまりなかった私は、一日に何度も顔を洗い、逆に肌に必要な油分までを荒い落としてしまい、かえって逆効果になることもありました。
ニキビで行うべき対策法

ニキビ

関連エントリー